風俗でゴムを付けるために

風俗やデリヘルではゴムを着けよう、と言われていますがそれでもダイレクトに刺激を得たいため、生の気持ちを味わいたいためにゴムを装着しない男性がいますが、ここでゴムを着けるために、風俗をオナホールに例えてみましょう。
風俗嬢がオナホールだとして、ついさっきまでは他人が利用していたオナホールであり、他人が生でしていたら精子がついていますし、手垢やよだれだって付いています。
風俗嬢は一応汚れを洗い流しますが、人間の皮膚ですので過剰な消毒はできません。
未消毒のまま900人以上、いや5000人以上、一万人以上の男性が利用をしたオナホール、利用できますか?
若い男性だけでなく不潔な男性もおっさんも色々な細菌を持っているおじいさんも利用をしているオナホールです。
過去に病気に罹った利用者も数多くいるでしょう。
現在かぜや病気に感染している人間も利用をしたオナホールです。
そう考えるとゴムを装着したくならないでしょうか。
病院でも菌を持っている人間に触れる際には医者達はビニール状のカバーを着て近付く事になります。
そこまでにカバーは必要な物となっているのです。
大阪エリアの風俗求人で勤務している風俗嬢だって、お客さんにはできればゴムをして汚れを防いで欲しいというのが本音です。
 
私のよく行くお店は女の子の数が少ないために、平日は2人とか3人とか少人数しか出勤していないため寂しいときがあります。
TOP3クラスの人気の子が、週に4,5回出勤して、店長も出勤メンバーの確保をなんとかしているようですが、やっぱり同じメンバーが並ぶ日が続くと飽きてしまうのではないでしょうか。だからか、新人が入ってくると写真が上がる前に、受付終了となってしまいます。私は、写真を見て判断してから出ないと予約しませんので、そういう行動がぶっちゃけ理解できなかったりします。
なんとか女の子の人数も確保したいところで、トップクラスに出勤が多い女の子でロリ担当の子がいたりするのですが、お店のブログの写真を見る限り、中の中程度かなという容姿の印象です。お店の平均では、真ん中より下に入りそうなために、個人的には興味がなかったりするのですが、2人とか3人とかしか出勤してくれない平日で、がんばって出勤してくれている子なので、店長さんとしても重宝しているのではないでしょうか。
レア出勤で週末の土曜日や日曜日しか出勤しない女の子もいたりするのですが、ぶっちゃけ平日はあんまり稼げなさそうなので、そういう休日にしか出勤しないというのは賢い働き方なのかもしれませんが、やっぱりお客さんが少ない日でも、出勤してくれる女の子は店にとっては貴重なんでしょうね。

Go other site

大阪の高級デリヘルを利用するなら:マリアテレジア
京都でデリヘルを楽しむなら高級店がおすすめ:マダム麗奈
大阪で人妻デリヘルを呼ぶならここが良い:貴楼館
大阪のおすすめデリヘルは専門サイトのデリ天なら良いお店が見つかります

サブコンテンツ

このページの先頭へ